水彩とフォルメン線描(1月18日)

今日の午前はのんびり、ゆったり。KDがお休みだったり、由美さんも午前中お休みだったりしたせいか、みんなで同じことをするわけではなく、それぞれに過ごす雰囲気でした。そのうち女の子たちはアニメ「のだめカンタービレ」を見始め、TSと私はバックギャモン&ニップ勝負。お天気も良く、外でも少し遊びました。バックギャモンやオセロなどのゲームは、じっくり取り組めるし、頭も使うし、私は好きです^^。

ニップはオセロの様なゲーム。私はやったことがなかったので、TSに教えてもらいました。

午後は水彩とフォルメン線描。今日は小学生たちは九九のフォルメンから。8の段と9の段を描いて、とうとう九九も終了。そして、線を描いて、目盛りをつけ、糸を進めるように図を描く練習。これが、なんと、刺繍につながっていきました。DSYは初めての針と糸。色々と苦戦しながらも、集中して真剣に取り組んでいました。

斜め左下→右→左斜め上→右へ2つ。この繰り返し。この後、この動きで刺繍に移りました。なるほど!
う~ん。きれいな縫い目です^^。これが、虹色になっていくようです。

 

 

 

 

 

 

そして、それぞれお話を聞いてから、水彩。それぞれ素敵な作品に仕上がりました。

6年生の水彩は植物の絵。確かさざんか(?)の話から。
神様が太陽と月(昼と夜)を作られたお話から。

 

 

 

 

 

 

中学生は定規を使ってきれいな1点透視と2点透視の図形を描いていました。絵画の歴史も絡めての解説、とても興味深かったです。そして、フリーハンドでのフォルメンを色々。色使いもきれいです。

一転透視と2点透視の図。とてもきれいです。絵画の歴史を絡めて、レオナルド・ダビンチの絵などを見せ、実際の絵画にどう応用されているのかを解説してくださいました。
中学生もフリーハンドでフォルメン。
フリーハンドでフォルメン線描。色使いもきれい。

 

 

 

 

 

 

今回は中学生も水彩も描き、盛りだくさんでした。

中学生も水彩。グラデーションがきれいです。

水彩とフォルメンの時間も、毎月定番となり、回を重ねてきているので、皆も慣れてきて、要領もわかっているし、先生との関係性もできてきていて、とても落ち着いた空気が感じられます。同じ講座を繰り返し続けていく良さを感じます。この講座はずっとこのように続けていこうと思っています。
岩田さん、長瀬さん、今日もありがとうございました!

次回は来週月曜、史さんのおやつ作りです!