水彩とフォルメン線描

今日は朝から皆静かに読書。一方、私は昨日からシナモンロールが食べたくて・・・。なにしろ、昨日のクラフトの時間に使ったシナモンの香りがずっと部屋に漂っているし、その際に出たシナモンの粉がある。という訳で、「ねえ、シナモンロール作らない?」と誘って、構わず作り始めました。最初は皆読書を続けましたが、1次発酵が終わった頃から女子二人も加わってくれました。DSYは生地を四角に伸ばすのが上手くいかずすねてしまって、もっぱら溶かしバターを塗る係に。後はほぼNちゃんが作ってくれました。白神こだま酵母を使い、手でこねて、手間暇かかったシナモンロールです。昼食後にやっと焼き上がり、とっても美味しかったので、みんないっぱい食べていました^^。

生地を四角に伸ばします。なかなか難しい。
伸ばした生地に溶かしバターを塗ります。

 

2次発酵中

 

 

 

 

シナモンシュガーをまんべんなくかけます。
焼きたてのシナモンロール。成型は、フィンランド風に。
今回は焼く前にザラメ糖を振りかけてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後は岩田さんと長瀬さんによる水彩とフォルメン線描。歌と手遊びから始まり、中学生のTNは先月の続きで糸かけワークから。とても綺麗な作品が仕上がりました。そして、木炭画、詩、庭から芽の出た枝を摘んできて、デッサン。これからしばらくその芽を育て、観察を続けて欲しいとスケッチブックを渡されました。

一方、小学生二人はフォルメン線描で幾何学を描き、先月からのクロスステッチの刺繍の続きと水彩。4年のDSYは創世記の6日目の神様が獣を作られたところ。6年のNちゃんは植物でした。DSYは刺繍は苦手で全くやる気がなく、代わりにパステルをやらせてもらいました。Nちゃんは中学生の内容に興味深々!もうすぐ中学生だもんね。

6年生の水彩は植物です。
4年生のDSYが今回描いた幾何学模様。その下にうっすら透けて見えているのも、今回この前に練習したフォルメンです。
4年生は創世記の6日目。神様が獣を作られたところです。好きな動物をと言われ、ライオンとキリンとウサギとアヒルを描きました。

 

 

 

 

 

 

パステル画をやらせてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

写真を撮り損ねてしまい、一部しかありませんが、どの作品もとても素敵でした~。

この水彩とフォルメン線描の時間、毎回とても優しい時間が流れ、いい時間でした。一人ひとりの学年に合わせた内容なので、いつもお二人来て、一人ひとりに対応して下さり、本当にありがたかったです。岩田さん、長瀬さん、本当にありがとうございました!

那須では、くりの木という学びの場があり、月に2回、小学生は土曜、中学生は日曜に水彩とフォルメン、そしてオイリュトミーのクラスが行われています。岩田さんと長瀬さんもそちらで講師をされています。興味のある方は一度問い合わせてみてください。

さて、次回は来週月曜日。中島さんによるカホン作り!とっても楽しみです!